【フランス】シャトー ムルグ デュ グレ フルール デグランティーヌ 750ml【ロゼ】

(0point)

↑ ↓

在庫確認

エグランティーヌは、野生のバラという意味。
洋梨の香りや優美なアロマ、フレッシュでフルーティーかつ繊細なロゼ。

  


ワイナリー名:シャトー ムルグ デュ グレ
ワイン名:CHATEAU MOURGUES DU GRES FLEUR D'EGLANTINE
     シャトー ムルグ デュ グレ フルール デグランティーヌ
ヴィンテージ:2017
容量:750ml
原産国: フランス
地 方:コート デュ ローヌ
品質分類・原産地呼称: ACコスティエール ド ニーム
品種:ムールヴェードル・グルナッシュ・カリニャン・シラー
ALC度数:13.5%
種類:ロゼ
色:ロゼ
味わい:辛口
畑:表層はガレ、下層は砂岩混じりの泥灰土、粘土石灰質土壌。標高200mほどの丘陵地、全て南向きの畑。
葡萄・収穫:平均樹齢45年の古樹、収量35hl/ha。ダブル・コルドン・ド・ロワイヤ仕立。
      収穫は全て手摘み。2014年よりEUオーガニック認証。
醸造・熟成:ダイレクトプレスのムールヴェードルとカリニャンを主体に、セニエ法で抽出したグルナッシュとシラーをブレンド。
受賞履歴:2002ワインアドヴォケイト 87pt (No.147 Jun 2003)
     2008ワインアドヴォケイト 87pt (No.183 Jun 2009)
     2009ワインアドヴォケイト 88pt (No.190 Aug 2010)
     2012ワインアドヴォケイト 89pt (No.207 Jun 2013)

 

シャトー ムルグ デュ グレ
 

AOCコスティエール・ド・ニームは、ラングドック・ルーション地方の最北端、ローヌ地方に接しています。そのため、ローヌワインの特徴とラングドックワインの特徴の両方を見事に兼ね備えた複雑味のある味わいに仕上がり、低価格でも高品質なワイン産地として注目を集めています。

 シャトー・ムルグ・デュ・グレは、国内外から高い評価を受けています。シャトー名のムルギュは修道女、グレはプロヴァンス地方の方言で丸石を意味しており、女性だけの修道院の建物に由来します。古代の日時計を表すシャトーのラベルに象徴されるように、太陽の恩恵を十分に受けた素晴らしいワインが造られます。現在、有機栽培と有機醸造を実践し、2014年より白とロゼはEUオーガニック認証を取得。赤は転換中です。


※この商品はお取り寄せになります。仕入れ状況によっては出荷までに3日〜1週間ほど頂く場合がございます。ご了承くださいませ。その場合は、速やかにご連絡をさせて頂きます。

※写真はイメージです。

※オプション(有料)で、ギフトボックス付きをお選び頂けます。